2017年12月6日水曜日

2017年11月帰社報告会

2017年11月の帰社報告会の内容をお伝えいたします。

今回は「読み易い・分かり易い 文章作成7つのオキテ」です。
社内・社外問わず文書を作成する際、7つのコツをプレゼンしていただきました。
 
 1.1文は50文字~70文字
 2. 修飾語は「縁語接近」と「長遠短接」
 3.「もの」「こと」は使用しない
 4. 受身の表現は避ける
 5. 箇条書きは体言止めにする
 6.「~など」の使用を避ける
 7. 「ず」と「づ」を正しく使い分ける


 1.1文は50文字~70文字
  50文字と聞くと長いようにも感じますが、実際には50文字というと、だいたいこの程度の長さになります。
  (50文字)
  一文を50文字程度の長さに収めることができればBestですが、文章の趣旨をきちんと伝えようとすると、大抵の場合文章はもう少し長くなります。
  (70文字)

 2. 修飾語は「縁語接近」と「長遠短接」
  「縁語接近」とは何か?
  “修飾する言葉”と“修飾される言葉”は近づける
  例
    迅速な警察による犯人の逮捕
   警察による犯人の迅速な逮捕

  「長遠短接」とは何か?
  同じ言葉を修飾する場合には長い修飾語を遠く、短い修飾語を近くに配置する
  例
   目覚めのとき、眩しく柔らかいまるで異世界に迷い込んだような印象を受ける光が目に飛び込んできた。
   目覚めのとき、まるで異世界に迷い込んだような印象を受ける眩しく柔らかい光が目に飛び込んできた

 3.「もの」「こと」は使用しない
  安易に「~もの」「~こと」を使うと文章が冗長になってしまいがちです。
 
  例
   今一番重要なことは、「目標を達成する」ということだ。その視点で考えれば、今流行っているものに注力したほうが良い。
   今一番重要な課題は、目標の達成だ。その視点で考えれば、今の流行りに注力したほうが良い。

 4. 受身の表現は避ける
  受け身の表現には「れる」「られる」がありますが、これらを使うと文章が読みにくくなってしまいます。
 
  例
   私の思惑とだいぶ異なったものになると思われる。彼らが指摘している点は間違っていると考えられる。
   私の思惑と大分異なる。彼らの指摘は間違っている。

 5. 箇条書きは体言止めにする
  名詞や代名詞を「体言」といいますが、提案書や報告書の箇条書きでは「体言止め」を用いるのが有効です。
  例
   改革のために3つの提案があります
   1. 品質管理を強化する
   2. 社内コミュニケーションを促進する
   3. 社員の意識改革をおこなう

   改革のための3つの提案
   1.品質管理の強化
   2.社内コミュニケーションの促進
   3.社員の意識改革の実施

 6.「~など」の使用を避ける
  具体性に欠けるため、文章自体を曖昧にしてしまいます。
  例
   提案書などを拝見した結果、課題などが発見されました。
   提案書、および報告書を拝見した結果、課題3点、および所感2点が発見されました。

 7. 「ず」と「づ」を正しく使い分ける
  「ず」と「づ」の使い分けは難しいですが、迷ったらひとまず濁音を外して考えてみると、大抵の場合はどちらが正しいのかわかります。
  例
   気ずく → 気すく
   気づく → 気つく
   元々は気がつく、という意味なので、気づく、が正解となります。

 ちょっとした工夫・ちょっとした知識で分かりづらい文章も読み易くなるものです。
 また書きやすくなります。

 みなさんも是非実践してみましょう。


2017年11月9日木曜日

2017年10月帰社報告会

2017年10月の帰社報告会の内容をお伝えします。

今回は「ホームページの構成案検討」と「行動指針のブラッシュアップ」です。



ホームページの構成案検討


当社ホームページの現状の確認、参考となる他社ホームページとの比較を行いました。
文字が中心のホームページや写真が中心のホームページ等様々なホームページを確認しました。
当社に入社してくれる方が増えるよう、当社ホームページの構成の変更を検討予定です。


行動指針のブラッシュアップ


当社の行動指針について、社員によるブラッシュアップを行いました。
今年の5月から開始し、今回は「社会人としての心得 仕事に対する姿勢」について。
各社員に1つずつ確認し、気になる箇所や「こうした方が良いのでは?」
といった意見が飛び交いました。
現場業務での経験から、様々な意見があり、
行動指針がより一層社員にとってわかりやすい、意識、行動に起こせる内容になったと思います。



2017年11月2日木曜日

2017年9月帰社報告会

2017年9月の帰社報告会の内容をお伝えします。

今回のスキルアップ勉強会の題材は『ビジネス文書について』です。

社内・社外問わず文書を作成・提出した際、その意図を正確に伝えるためのコツをプレゼンしていただきました。

業務において、報告書などの「ビジネス文書」は多数作成されます。
メールやパワーポイントなどで作成したプレゼンテーション資料なども全て「ビジネス文書」として扱われます。
「ビジネス文書」に記載する情報は口頭だけでなく、文書という形で「記録」を残す事で、後々トラブルが発生した際に、伝達内容の誤り・漏れをハッキリさせる事ができます。

しかし、文書の内容が伝わり辛かったり、長い文書を最後まで読み解かないと意図が理解できないのでは業務がスムーズに行えません。
文書の意味の勘違いや、作業内容・評価の誤りを防ぐ事で、業務を確実にこなす事が求められます。

描き方のコツとして提示されたのは主に2つ。

 ①結論から先に書く
 ②パラグラフ(1つのテーマについて述べた文)ごとに記述する
 
①結論から先に書く
 読み手に文書の概要・意図をすぐに理解してもらいます。
 相手が文書をじっくり読む暇が無いとは限らないため、冒頭だけで主張を伝える事が出来れば業務がスムーズに進められます。

②パラグラフ(1つのテーマについて述べた文)ごとに記述する
 1つの文では1つのテーマのみに絞って記載します。
 1つの文章で複数の出来事について記載してしまうと、読み手が読み飛ばしや見落とし易くなり、意図が伝わりにくくなってしまいます。
 ①と組み合わせる事で、読む必要がある文を読み手側が取捨選択しやすくなり、要点をスムーズに把握する事が出来ます。
 
 
書き手側が文面の目的・意図をしっかり理解した上で、相手に伝えたい事を、読み手側の立場になって書く。

みなさんも是非実践してみましょう。

2017年9月19日火曜日

2017年8月帰社報告会

2017年8月の帰社報告会の内容をお伝えします。
今回の勉強会の題材は『MVCモデル』『フレームワーク』についてです。
WEB開発を行う上で基礎となる内容です。
7月より、週1回、土曜日の午前中にJava勉強会を行っており、
今回の内容はJava勉強会で得た知識をより業務に近い形で学習を行うものです。
フレームワークを使用したWEB開発では、
Model(JavaBean)
View(JSP)
Controller(サーブレット)
のように、役割毎に機能を分割するのが一般的です。
また、Strutuフレームワークは、現在は新規開発ではあまり採用されないものの、
フレームワークの基礎を覚える上では、書籍やインターネット上の資料が充実しており、
今でもフレームワークの登竜門とも言える技術なので、
当社では社員全員が使用できるように教育を行っております。


2017年8月14日月曜日

2017年7月帰社報告会

2017年の帰社報告会の内容をお伝えします。

今回はリーダー/マネージャーによるプレゼン大会を行いました。

普段は若手がプレゼンすることが多いのですが、先輩方のプレゼンを聞き
良い部分を真似て活かそうという企画です。

プレゼン内容は
1.プレゼンテーションとは?
2.プレゼン 10分で分かるオブジェクト指向
3.求人応募人数を増やすために
4.読解力が高いと年収が上がる
5.社員を集めるためにはどうすればよいか
6.動的webサイト
7.喫煙について
と様々な内容です。



場数を踏んでいるだけあって、やはり先輩方のプレゼンは上手いです。
質問の投げかけ方、間のとり方など学ぶべき点はたくさんありました。

今回学んだことを現場やビジネススキル勉強会で活かして行きたいと思います。

2017年7月5日水曜日

2017年6月帰社報告会


2017年06月の帰社報告会の内容をお伝えします。

今回のビジネススキル勉強会は「敬語応用編」でした。

これは前回3月に実施された「敬語」正しく使えているようで間違っている日本語』の
実践応用編です。

どのあたりが実践応用編かというと、実例を挙げて以下の観点で、
どんな敬語が間違え易いのかを重点的に説明されました。

1.間違えやすい二重敬語
例:① 役職 + 様
  ② お承りいたしました ⇒ (1) お~      ※これは三重敬語
                (2) 承る
                (3) いたしました
2.丁寧なつもりなのに…
例:① ~させて頂く ※聞き手が命令したかのように聞こえる
  ② ご苦労様です ※ご苦労様は目上が目下に使う言葉

など等、普段間違えやすい敬語について学習し、
気を付けているつもりでも、あ~間違えて使ってるなぁと、
非常に役立つ勉強会でした。
今後は勉強会の内容を活かし、敬語を間違いなく使いたいと思います。


2017年6月6日火曜日

2017年5月帰社報告会

2017年05月の帰社報告会の内容をお伝えします。

今月のビジネススキル勉強会は「食に対する意識」です。

みなさんは食事がどれほど私たちの体に影響を及ぼすかご存知でしょうか?
私は今回の発表後、食べる食事の種類と時間帯を意識するようになりました。

以下に発表内容の要約を記載します。

・非盲検化クロスオーバー試験(Aチーム、Bチームに分け交互に同様の試験内容を実施する方法)の実験を例に挙げて、朝食を取らなかった事で集中力が低下、疲労感の増加により作業効率が低下する。

・食事を取らない事で空腹感が続き、次の食事で食べる量が増加して肥満に繋がる。

朝食の重要性、食事量・時間帯の重要性を学びました。

私たちの仕事は常に考える仕事です。
体を動かすよりも頭を働かせます。
より良い仕事をしていける様に、食事についても考えていきたいと思います。