2018年4月11日水曜日

改善事例のご紹介「名刺裏の有効活用」

改善提案によって行われた改善事例をご紹介します。

【現状】
 現在多くの会社の名刺の裏面には、業務案内や会社概要、英字表記など会社ごとに様々な情報が記載されており、営業効果を高める工夫をしている。
 しかし、当社の社員が使っている名刺の裏面は白紙のため、かなり勿体ない状態となっている。



【改善提案内容】
 名刺の裏面に、業務案内や会社概要、英字表記などの情報を記載する。
 ビジネスシーンによって、裏面に載せてある情報を変更できれば良いが、コストや総務の負担を考えると、全社員の名刺の裏面を統一した方が良いと考えられる。
 何を記載するかについては、帰社報告会などで全員の意見をまとめて決める。


【実施結果】
 全社員の意見をまとめた結果、 名刺の裏面には会社概要および業務案内を記載することになった。



【効果】
  会社概要や業務案内を記載することで、名刺交換の相手に当社の特徴を知っていただき、営業効果を高めることができた。

2018年4月9日月曜日

2018年3月帰社報告会

3月の帰社報告会の内容をお伝えします。

今回のテーマは以下2つでした。
1.読書イベント
2.改善事例の公開の運用について

1.読書イベント
 「読書推進イベント」をテーマとして、
 以下の指定された本の中から1冊を事前に読んでおき、
 今回はその感想と読書に関するアンケートを書き提出しました。
  ・オリエント急行殺人事件
  ・蜂蜜と遠雷
  ・SEは死滅する
  ・図書館戦争
  ・ふたご
 次回はその発表を行います。

2.改善事例の公開の運用について
 これまで改善提案で改善した内容は
 会社内でしか共有されていませんでした。
 しかし今後は改善した内容をこのブログに
 公開していくことになりました!
 改善してどのように変化があったのかを
 お伝えできればと思います。

また今回の帰社報告会で、
本年度の親睦会イベントの担当者が決まりました。
担当者は社員の親睦を図る為、各種イベントの企画・開催を行います。
担当になった方はがんばってください!

2018年3月7日水曜日

入社してからの感想

3ヶ月の学習

昨年12月に入社し、早3ケ月が経ちました。
これまでの学習履歴としては、
・ITパスポート受験
・HTML5とCSS3
・Javascript
・Java
・SQL
プログラミング初心者の私ですが、伸び伸びと学習させて頂きました。
最初はJavaJavascriptを一緒だと思っていたほどでしたが、
現在は全く別なものだと理解しております。
基本はテキストを使っての学習ですが、厳選された「分かり易く」「実際にPCを使った」学習をするので、できるようになっいくことを日々実感しています。

社内の雰囲気

若干人見知りの傾向がある私ですが、和やかでアットホームな先輩方なので安心しています。イベントもいろいろ企画されており、ハラスメントコンプライアンスにも気遣いが行き届いている点も、安心して働ける要素です。
また、「会社改善提案」という社員一人一人が、会社をより良くすることができるという取り組も熱意を感じ良かったです。

今後について

色々な資格を取る為の学習と、スキルアップの為の学習を両立しながら
挑戦していこうと思います。そろそろ現場へ参画とのことですので、気を引き締めウイングシステムの一員として恥ずかしくないよう頑張ります。







2018年3月6日火曜日

2018年2月帰社報告会


2月の帰社報告会の様子になります。


今回は、いつも借りている外部の会議室が
ちょっとした手違いで予約されてなく本社の会議室で開催となりました。
当日は体調不良で参加できな人も多く、いつもよりコンパクトな報告会でした。






今回のテーマは2つ、
「頭の良い人の資料作り」、「行動指針のブラッシュアップ」を実施しました。

「頭の良い人の資料作り」では、
会社の推奨図書である「頭の良い人の資料作り」をまとめた内容を
全員でブレストを行い情報の共有、内容の理解を深めました。

(概要)
・一瞬で心をつかむ「タイトル」をつけたい
・「反論できない」改善プラン
・「議論したくなる」たたき台
・資料作成の「賢い」裏技(鉄則は手書八割、PC二割)

現場での経験等を踏まえて話し合い共有し、
実践的な資料作りを学ぶことができました。





「行動指針のブラッシュアップ」では、
下記の内容のブラッシュアップを実施しました。

・品質・生産性の向上:
 【仕事の基本】④~⑦
 【品質向上に向けて】①~②

会場もコンパクトで人も少ないせいなのか、
いつもより活発に意見交換し、ブラッシュアップすることができました。
会場の雰囲気は会議を活発にするために大事な要素だとあらためて感じました。




2018年2月12日月曜日

2018年1月帰社報告会

1月の帰社報告会の様子をお伝えします。

当社には「改善提案制度」と呼ばれる社員それぞれが
会社をより良くする、こうなるべきと思ったことを提案する制度があります。

これを利用し、1月の帰社報告では参加者を数人ずつのグループに分けて
グループで提案を作成し発表しました。


以前1度やっているので2回目になりますが、いつもは一人で考えて出すものですが
やはり、違った視点からの提案などがあって新しいものが生まれやすくなります。

常に考える姿勢を身に着けるということから、通常は一人で考えて気づいて、
纏めて、提案していましたが、グループでの提案は刺激になり良いものでした。


2017年12月6日水曜日

2017年11月帰社報告会

2017年11月の帰社報告会の内容をお伝えいたします。

今回は「読み易い・分かり易い 文章作成7つのオキテ」です。
社内・社外問わず文書を作成する際、7つのコツをプレゼンしていただきました。
 
 1.1文は50文字~70文字
 2. 修飾語は「縁語接近」と「長遠短接」
 3.「もの」「こと」は使用しない
 4. 受身の表現は避ける
 5. 箇条書きは体言止めにする
 6.「~など」の使用を避ける
 7. 「ず」と「づ」を正しく使い分ける


 1.1文は50文字~70文字
  50文字と聞くと長いようにも感じますが、実際には50文字というと、だいたいこの程度の長さになります。
  (50文字)
  一文を50文字程度の長さに収めることができればBestですが、文章の趣旨をきちんと伝えようとすると、大抵の場合文章はもう少し長くなります。
  (70文字)

 2. 修飾語は「縁語接近」と「長遠短接」
  「縁語接近」とは何か?
  “修飾する言葉”と“修飾される言葉”は近づける
  例
    迅速な警察による犯人の逮捕
   警察による犯人の迅速な逮捕

  「長遠短接」とは何か?
  同じ言葉を修飾する場合には長い修飾語を遠く、短い修飾語を近くに配置する
  例
   目覚めのとき、眩しく柔らかいまるで異世界に迷い込んだような印象を受ける光が目に飛び込んできた。
   目覚めのとき、まるで異世界に迷い込んだような印象を受ける眩しく柔らかい光が目に飛び込んできた

 3.「もの」「こと」は使用しない
  安易に「~もの」「~こと」を使うと文章が冗長になってしまいがちです。
 
  例
   今一番重要なことは、「目標を達成する」ということだ。その視点で考えれば、今流行っているものに注力したほうが良い。
   今一番重要な課題は、目標の達成だ。その視点で考えれば、今の流行りに注力したほうが良い。

 4. 受身の表現は避ける
  受け身の表現には「れる」「られる」がありますが、これらを使うと文章が読みにくくなってしまいます。
 
  例
   私の思惑とだいぶ異なったものになると思われる。彼らが指摘している点は間違っていると考えられる。
   私の思惑と大分異なる。彼らの指摘は間違っている。

 5. 箇条書きは体言止めにする
  名詞や代名詞を「体言」といいますが、提案書や報告書の箇条書きでは「体言止め」を用いるのが有効です。
  例
   改革のために3つの提案があります
   1. 品質管理を強化する
   2. 社内コミュニケーションを促進する
   3. 社員の意識改革をおこなう

   改革のための3つの提案
   1.品質管理の強化
   2.社内コミュニケーションの促進
   3.社員の意識改革の実施

 6.「~など」の使用を避ける
  具体性に欠けるため、文章自体を曖昧にしてしまいます。
  例
   提案書などを拝見した結果、課題などが発見されました。
   提案書、および報告書を拝見した結果、課題3点、および所感2点が発見されました。

 7. 「ず」と「づ」を正しく使い分ける
  「ず」と「づ」の使い分けは難しいですが、迷ったらひとまず濁音を外して考えてみると、大抵の場合はどちらが正しいのかわかります。
  例
   気ずく → 気すく
   気づく → 気つく
   元々は気がつく、という意味なので、気づく、が正解となります。

 ちょっとした工夫・ちょっとした知識で分かりづらい文章も読み易くなるものです。
 また書きやすくなります。

 みなさんも是非実践してみましょう。


2017年11月9日木曜日

2017年10月帰社報告会

2017年10月の帰社報告会の内容をお伝えします。

今回は「ホームページの構成案検討」と「行動指針のブラッシュアップ」です。



ホームページの構成案検討


当社ホームページの現状の確認、参考となる他社ホームページとの比較を行いました。
文字が中心のホームページや写真が中心のホームページ等様々なホームページを確認しました。
当社に入社してくれる方が増えるよう、当社ホームページの構成の変更を検討予定です。


行動指針のブラッシュアップ


当社の行動指針について、社員によるブラッシュアップを行いました。
今年の5月から開始し、今回は「社会人としての心得 仕事に対する姿勢」について。
各社員に1つずつ確認し、気になる箇所や「こうした方が良いのでは?」
といった意見が飛び交いました。
現場業務での経験から、様々な意見があり、
行動指針がより一層社員にとってわかりやすい、意識、行動に起こせる内容になったと思います。